逆流性食道炎の改善体操|相模原・品川・藤沢の無痛整体 鈴木薬手院

逆流性食道炎と整体
無痛バランス療法 鈴木薬手院鈴木薬手院 相模原・品川・藤沢

逆流性食道炎の改善体操

逆流性食道炎の方は、胸骨(肋骨)が歪んでいる=横隔膜が歪んでいる場合が多いので、それを少しでも改善する体操をご紹介します。

当院の施術を受けて体を整えつつ、行っていただくのが理想です。

 

まずは、手の長さをチェック!

【チェック その1】

逆流性食道炎歪みのチェックその1

バンザイしてください。
手の上がりやすさで、長さが違ってみえます。

※この人の場合は、右手が短いです。

【チェック その2】

逆流性食道炎歪みのチェックその2

たすきがけをしてください。
やりやすい側とやりにくい側があると思います。

やりにくい側で上になっている手が短いです。

※この人の場合は、左手が短いです。

 

胸郭(肋骨)を整える体操


短い方の手を上げます。
反対の手で、手首を握ります。


握った手の側に体をゆっくり倒します。
そのまま、3呼吸。
体を元に戻し、手を下ろします。


逆の手を上げ、反対の手で手首を握ります。


手首を握った方側へ体をゆっくり倒します。
そのまま、3呼吸。
体を元に戻して、手を下ろします。

体操のポイント

 

 骨盤を整える体操

お尻歩き

①足を延ばして座ります。

②手は、余計な力が入らないように、手の平を上にして足の付根に置きます。

③お尻だけを動かして、前に2mほど進みます。

④同じようにお尻だけを動かして、元の位置まで戻ります。

 

体操のポイント

 

※体操をして、かえって体調が悪くなった場合は、行わないようにしてください。(手術をしたことのある方や、骨に変形のある方は、行わないで下さい。)

 

わかさ出版「夢21」に掲載されました

夢21 逆流性食道炎MOOK本 逆流性食道炎

■わかさ出版「夢21」2017年12月号 【逆流性食道炎】

■わかさ夢MOOK「逆流性食道炎」2018/4/1号

 

鈴木薬手院院長の監修記事が掲載されています。

「逆流止めストレッチ」のコーナー8ページにわたり、体操や体験談など。

是非、ご覧ください。

このページのトップへ